FC2ブログ
眼鏡っ娘とかメイドさんとかプロレスとかが好きな同人絵描きが、日々の出来事をつらつらと記述します。
ドラゲー見てきました
ドラゲー・テイセンホール大会2日目を観戦してきました。

■ドラゴンゲート「Summer Adventure Tag League II」札幌テイセンホール大会2日目-08/8/24
最近の流れを把握しきれていなかったので、パンフレットを購入して知識を得る。新入場テーマ集CDも購入。

試合前、リングアナと玉岡レフェリーで前説。玉岡さんはすっかりいい人になっちゃって。ドラゴンキッドが呼び込まれ、拍手、声援の練習。

<第1試合 タッグマッチ20分1本勝負>
アンソニー・W・森、●大野勇樹 VS 堀口元気、○神田裕之
(8分28秒、琉's⇒体固め)
大野のメタボぶりがますますすごいことになってる。特にアンソニー王子と並ぶとすごい。
リアルハザード側セコンド介入で、アンソニーと大野はなかなかペースをつかめない。
最後もセコンドのブルーボックスから神田がつなぎ、大野が3カウントを聞いてしまう。
助けに入ったアラケンと岩佐に、今日タッグリーグ戦で当たるYAMATOが挑発するも、アラケンがYAMATOの顔面に水を噴射。アラケン「バーカ!」
堀口も神田も、昔はいい人だったのに…。
それだけに、その変わりようにプロ根性を感じるというかなんというか。

<第2試合 シングルマッチ20分1本勝負>
●谷嵜なおき VS ○Gamma
(7分16秒、ガンマ・スペシャル⇒体固め)
こちらでも、リアルハザード乱入は止まらず。
谷嵜が竹刀を奪って反撃に転じるも、セコンド堀口のプロテインパウダー攻撃を食らい、Gammaのガンマ・スペシャル(シュバインに見えますがガンマ・スペシャルです、指の角度が違えば別の技なのです)で勝負あり。
しかし腹の虫がおさまらない谷嵜、試合後にGammaを追いかけまわす。

<第3試合 タッグマッチ20分1本勝負>
○マット・ジャクソン、ニック・ジャクソン VS B×Bハルク、●m.c.KZ
(11分37秒、MORE BANG FOR YOUR BUCK!!⇒片エビ固め)
マットとニックは、日本ではあまり見ないアメプロテイストのレスラー。兄弟なのでしょうか、連携もバッチリの優良外国人選手でした。
フィニッシュの、連携からのフェニックススプラッシュは凄かった。
それに対してハルクが、ちょっと元気がないように感じたのは気のせいでしょうか。
そういえば、タッグリーグ戦も負け越している…うーん。

<第4試合 Summer Adventure Tag League II公式戦20分1本勝負>
●望月成晃、ドン・フジイ(1勝7敗=2点) VS 横須賀享、○斎藤了(4勝3敗=8点)
(17分45秒、プレミアム・ブリッジ)
モッチー・フジイさん組が1勝しかできてないなんて、そんな馬鹿な!
と思っていたのですが、今日も負けてしまいました。
うーん、決して調子は悪くなさそうだったんですがねぇ。どうして勝ちきれないのか。
リョウスカはコスチュームを合わせていて格好良かったです。
享が腕を攻められまくってましたが、そこをしのいで勝利に繋げた感じでした。

ここでリング調整のため休憩。
この前の後楽園で新調したばかりのリングが壊れたそうで、キャンバスは新しく見えましたが鉄柱は年季が入っていたような。
中身だけ古いのを使っているのかな?

<セミファイナル Summer Adventure Tag League II公式戦20分1本勝負>
サイバー・コング、●YAMATO(6勝1敗=12点) VS ○新井健一郎、岩佐拓(3勝3敗=6点)
(16分12秒、首固め)
こちらも前半の試合同様、終始リアルハザードペースで試合が進んでいたのですが、アラケンが粘りに粘って丸めこんで勝利。
泥臭い勝ち方でしたが、戸澤塾っぽくて良かったです。
ベビーフェイスユニットVSヒールユニットの対立は、ドラゲーの基本構造であって、これがあるからブーイングも出せるし、ベビーフェイス側が勝った時に溜まりに溜まったフラストレーションが爆発し、盛り上がれる。
ヒールというのは重要です。

<メインイベント Summer Adventure Tag League II公式戦20分1本勝負>
○土井成樹、吉野正人(4勝3敗=8点) VS 鷹木信悟、●ドラゴン・キッド(5勝2敗=10点)
(19分19秒、マスキュラー・ボム⇒エビ固め)
これは文句なし。凄い試合でした。
鷹木のパワーとキッドのスピードで、この2人のコンビは想像以上に良かったです。
土井吉は言わずもがなで、このクオリティはこのメンバーにしか出せないものですな。
クリストとフロム・ジャングルが同時に見れるとは思わなんだ。
どちらが勝ってもおかしくない状況で、キッドのウルトラウラカンラナで決まるかと思いきや決まらず、吉野のソル・ナシエンテでも決まらず、キッドのドラゴン・ラナは防がれ、最後は土井ちゃんのマスキュラーボム。ここが勝負の分かれ目か。
でも、ドラゴン・ラナ、見たかったです…。

最後は土井のマイク。「去年も札幌で勝ち、今年も札幌で2連勝。このまま優勝まで突っ走る!」
12月の札幌大会も決定したとのこと。12月ということは、KING OF GATEトーナメントが見られるか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック